日記3年続けてると書くことないし 戯言&妄想なので気にするな。特に数学系

2006年12月12日

行列の出来る法律相談所の橋下弁護士と飲んできました!!!!!

日時:12月12日(火) 第1部・2部 13:30〜16:00
              内定者との懇親会16:00〜17:00
※セミナー終了後の16:00〜17:00にかけては、
 内定者との懇親会スペースを用意する予定です。
 是非ご協力ください。

内容:第1部 弁護士 橋下徹先生講演
    「自立してはたらく」
    第2部 橋下先生を交えたパネルディスカッション
    当社社員と橋下先生による「独創性、専門性を持った
    自立した働き方」をテーマとしたパネルディスカッション

会場:梅田アウラホール 梅田スカイビル タワーウエスト10階
    大阪市北区大淀中1-1

服装:自由
 

との連絡があった。注目すべきは上の『懇親会』 !!!橋下弁護士(半分芸能人)と飲むチャンス。こんなチャンスは滅多に無いのでお手伝いに行って来た。第1部は橋下弁護士の独壇場。別に三菱UFJ信託がどうとか一切話さんかった。なんやろう?ひらたくゆうたら、プロになれ!ってゆうてはったような気がする。
で、懇親会。橋下弁護士は異常に気さくな人で、TVの見たまんまの人でした。僕も昔からラグビーをやっていたので、話はむちゃくちゃ盛り上がりました。明日たかじんのそこまで言って委員会の収録があるらしく、1時間で帰っていかはりました。けどほんまに充実した一日でした。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
ってのは全てウソ ・・・・  とゆうか懇親会ってゆうのは内定者と就活生の懇親会。就活の事を話してあげて下さい。やと・・・

( ゚Д゚)ハァ?
しかもしかも終わってから、呑みにいくーーーーーー!!!!ってのもなく現地解散・・・・
さびしくみんなでラーメンくってかえりましたとさ。

 


 

posted by Tom at 00:00| 滋賀 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

arasi no youna syuumatu.

 KASKADE Love Mysterious
 
KASKADE.jpg


乙女系ハウス.(といわれてるw)そういや土曜日の関西のローカルNews番組で流れていた.そういった意味で結構有名になってきた.オリコンとかに登場するのか?ちなみにこのジャケットは新譜.っていっても9月やけど.mixiのmixupで最近ちらほらmixもされててよく聞くんやけど,これは当たりぽい.やっぱしどこまでもミーハーなので女ボーカルの曲入ってるのがΣd(゚∀゚d)イカス!"Be Still"イントロ一発目これやヴぁいです.CD買うかw

 
 
さて,この先週末は阪大の数理FinanceのWorkShopと謎のセミナー2日間とで嵐のように過ぎていきました.ので,自分の勉強が全く進んでません.さらに明日は来年働くであろう会社の08年度入社のリクルート活動支援.そこで,なんと,橋下弁護士が来られます.しかもその後飲み会.てな,訳で木曜日のSolitonセミナーの予習が追いついてないので,今日は必死で勉強. (見知らぬ名も無きDJが非営利で作成したKASKADEのMixUPをヘビロテで流しながら)今までGrassmannやらKdVやらFermionやら\tau関数やら色々出てきたけど,やっと最後の最後でつながった.(ってゆうても証明はしてへんけど)具体的にはこうゆうこと.赤ちゃんねるコピペ.
 
もともと\tau関数に興味が在ったわけで,その\tau関数はある群の真空の軌道の元で定義された.正確には軌道をBosonFermion対応でもってBosonFockにうつした多項式のこと.で今回,荷電0のFockSPの元をBF対応で移した多項式(?)fが\tau関数になる為の必要十分条件が登場.それはそのfを指標多項式で展開した時の係数がPl\ddot{u}cker Relationを満たすことやった.指標多項式ってのはYoung図形から決まる多項式でYoung図形はMaya図形と一対一の対応がある.んで,Pl\ddot{u}cker RelationってのがだいたいGrassmannであったから,これでGrassmannも出てきた.多分この本ではGrassmannよりもそれから決定されるPl\ddot{u}cker Relationに興味が在る.何か物凄く回りくどい.確率論でWienerSPでは何になるのか?ってのがテーマなので自然にみれるように精進あるのみ.
 
そういや昨日安田さんと話ししてて思ったんやけど,Malliavin微分(ここではgradientの事)の共役作用素ってskorokhod積分を一回施すmapらしい.普通の確率積分とかと違うみたい.もしかしたらこれでFermionの対角成分のとこって解決できる!と思い先生に思いをぶつけてみたものの全く見当違いΣ(゚д゚lll)そんな一日でした.


ではでは,明日は橋下弁護士と会食.やっぱスーツなんか?
服装自由.これ一番悩む.

 
 
posted by Tom at 20:18| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

Malliavin解析集中セミナーin Mathematical Finance

Malliavin解析集中セミナーin Mathematical Finance
 

Malliavin本人もゆうてはったけど,"for"はほんまにMathematical Financeに使う為の〜で,"in"はそうでもないらしい.そういった意味で今日は"in"でした.

本日開始時間は昨日と同様の9時.安富先生と2人で待ちぼうけをくらいました.2時間弱.それもそのはずで,昨晩3時までみんなで飲んでいはった.安富先生も飲んではったらしいけど,(しかも吉野家までいって帰宅は4時過ぎとかやったらしいけど)9時に登校されてた.
 
得たモノ:重川本のH-微分とVectorFieldに沿っての微分が一致.先生がよくゆわれてた,『SDEの解の滑らか性がわかるんだ!』てゆうのの雰囲気?が出てきた.MonteCalroの要請がある事を汁.
 

本日の名言.
証券の方
『マンション経営がしたい.Riskなしで.儲かるじゃん.』
信託の方
『あー,最低100億くらい稼ぎてーna!月60くらいなんでしょ?』

最後まで可笑しな人たちでした.ヽ(・∀・ )ノ tehe
posted by Tom at 19:23| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

Malliavin解析集中セミナーfor Mathematical Finance

今日から2日間,Malliavin解析集中セミナーと題し,青色証券・信託のOBと共に,Stochastic Calculus of Variations in Mathematical Financeってゆう謎の本を読むことになりました.
 book1.jpg
 

ちなみにこの本の評価は”シリアスな学生は読むな”と書いてあるらしい.そうそう,阪大のD2に安田さんも参加してくれはりました.Workshopで声をかけてみた.これはなかなか個人的にはFinePlayでした.
本日は1章と2章.1章はMalliavin微分?と呼ばれるものとそのajointであるdivergenceをさらっと定義して終了.2章は主にGreeksの計算.\DeltaとかはValue過程の原資産での微分なので,Payoffがvanillaとかだと微分出来ないので弱微分の意味で微分する.\deltaの期待値が元々のPayoffとDivergenceの積の期待値くらいで書ける.まぁ,VanillaOPやと,具体的に\Deltaは計算出来るけど.って具合やったと思います.
ところで,証券会社の人に言われて,Weightを全て1章の言葉で表記しようと試みたけど,(特にPDEweightの箇所)撃沈しました.当の本人はひたすらMonteCarloに拘ってた.聞いた話によると何らかの方法(MalliavanWeight)を用いれば,MonteCarloがむっちゃ早く実装出来るとか出来ないとか.
で,2章が終了する頃には,9時過ぎになってた.お昼時間を2時間と見積もっても,10時間.その後,南草津で飲み会.途中から先生が合流して終電で帰宅.で,すぽると見て就寝.先生たちはどうやら,3時過ぎまで飲んでたとか.

posted by Tom at 10:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

シンポジウムにて。

バシェリエ以降、学部では出来ないので、はたまた調子に乗ってか、学会や研究集会に出ています。はっきりいって数学のゼミみたいに解るかといわれればそんなわけはなく、講演者や発表内容に依っては撃沈させられる&意識を奪われる事も珍しくないです。今回の阪大のワークショップもその例外ではなく、本日の統計の話はザラキの如く死にました。死んでみました。順序を入れるとすれば

@日本語Finance
A日本語数学
B日本語他数学
C英語Finance
D英語数学


AとBは順序が入れ替わることもあり、CとDは誤差程度で理解出来る事がありますし、さらにBは時々妖怪みたくなります。ま、解った気になってるかもってゆう大きな勘違いを含むけど。ま、なんてゆうかM1の時に比べたら全然マシになった様な気がします。Malliavinの時とかKeywordが耳に残ればええ程度やったし、Financeのシンポに関してはもはや呪文以外のなにものでもなかった。あれから就活やFinanceの修論を通じて、色々な能力+知識を得たと思います。なんてゆうかビビらずに出席するのも大事とゆうことが解りました。初めて大学の数学に出会った時もビビらず、知ったかかまして講義を聞いてたし、M1の時にその事が大事やと思った。それとよく似てる気がします。

さてさてそんな中明日から2日間@とAのシンポがあります。その名もMalliavin解析集中セミナー。青色信託(もうすぐPhD?)と誤発注証券(バイトとゆうかパート)のOBが来られます。が、彼らが話すのではなく聞きにこられます。実務でMalliavin解析とか使うんやな。とりあえず明日はおごってもらおう。

朝けっこう早いのでそろそろ寝ます。


そんなわけで白川さん。いざ7話。ごー

http://www.youtube.com/watch?v=4hrJigSPQQA

posted by Tom at 22:44| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

くれよんしんちゃんはジャパネット高田でJr.PAPAとはまたまた話せず。

阪大のワークショップに行って来た。金融機関の方も結構きてはった。JrPAPA研のイッコ上の方が覚えてくれてて嬉しかった。PAPAも来てはったけど、また話せなかった。全体的には、MTEC関係者(元も関係者に含むtぽすると)が多いと思った。んー、こうゆうシンポに出席するとMTECって異常に魅力を感じる。運用の人曰く流石に1年目からは出向は無いやろうけど。けど同期と話すと(特に関西)関西に留まりたいってゆう思いもあるんよね。これはでも叶う望みじゃない。Gコース(全国型)で業務面談あった同期曰く、働く場所の希望はタブーらしい。ただい女性は別。(なぜ?)とゆうことで、てなかんじで、なぜなんか、いわゆる就職ブルーに陥ってます。んー、いままでの経験上、高校に上がるとき大学に上がるときって鬱ぽいことによくなった。今回は変によく考える時間が長く、自己分析が出来てるとゆうか考え方も今までと違って深い。まぁ、10年は同じ環境で働くわけやし。こうゆうなんたぶん今回で20回目くらい。そして、また明日、MTECに魅力を感じるでしょう。もう今度の面談のときにMTECってゆうてやろう。それにしてもくれよん先生は癒し系。ジャパネットたかたかと思った。
posted by Tom at 23:57| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

今日はトイックの申し込み締め切り。

ごめん。今週おれ、忙しいねん。
posted by Tom at 23:57| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

清水寺と同志社大学とわたし.

東京の内定者の子が関西に遊びに来てはったので,京都観光に行ってきました.関西の内定者で案内をするつもりやったけど,『京都は遠い,梅田でせー』とか『バイトー』とかで集まらんかった・・・とゆうかドタキャンが多い.ま,予想外でもなんでもないけどww よくよく思うとReal京都組って少ないんよな.3人+同志社軍団くらい?同志社組実は連絡先知らんくて.今度の忘年会もあるし,Liveセミナーの時にでも聞いておこ.
 

@清水寺
『今年の紅葉は全然駄目です』と大坂先生がゆっていた.確かに例年に比べるとへちょってたけど,普通に綺麗やった.むしろ前回行った時は少し早かったんか?それにしても今日はよく歩いた.綺麗さは写真が語る.もち最近マイブームとなっている携帯シャメ.以上.

kiyomizu1.jpgkiyomizu2.jpg 
 
 

A都路里
アンコが好きじゃない僕には天敵なお店やったけど,意外にもうまかった.食わず嫌い万歳.そういや飲みんときに嫌いであるはずの”ひじき”を口にした.勿論喰わず嫌いやったから,喰えたけど,こちらはアンコとはまた一味も二味もちゃう.やはり嫌い.えと団子と茶蜜がいけた.平日でも行列で,東京にも店舗を拡大しているだけあって,なかなか.んー,都路里すてたもんじゃないな.ちなみにこのセットで1000円.抹茶がやたら高かった.

tujiri.jpg 
 
 

B同志社
同志社の子と無理矢理合流.マスカラがどうとか徹夜明けがどう気にせづ無理矢理合流.写真はクリスマスツリー.初めて知ったけど,同志社はキリスト教らしい.そして建物が煉瓦で統一されていてクリスマスツリーとマッチしてて綺麗やった.ただ何処の大学も院生の部屋は隔離された場所にある.立命の数学科はちょっと例外?

dousisya.jpg 
 


夜.何故か出町柳で飲み.上賀茂×1,烏丸丸太×1,滋賀×1.上賀茂はチャリ通.酒より食より話が異常にはずんだ.関西の内定者であんな深い話をしたのは初めて.いつもは将来の話どころか,来年の話すらせんのにコイバナまでに発展した.来年の事も含めて色々余計なことも話したかもしらん.おかげて6時くらいから飲みだしたのにも関らず12時までおった.料金は3人で8000円やったけど.当然,東西線の終電も無く,タクシで京都駅.1500円くらいやられる.家に帰宅するやいなや,最後に飲んだ安い芋焼酎が回りベットイン.

posted by Tom at 10:00| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

まるで出来損ないのスタントマンの様.

事故の瞬間,直前スローモーションに見えた.
刹那,体が反応していた.バイクから飛び出した.
勢い余って右手を壁に強打.(お陰で右手は今も痛い.)
ちょっと運動神経良いんちゃう?と思った瞬間でもあった.

けど,だいぶカッチョ悪いスタントマンみたいになってたと思う.


さてさて,セオリー通りに警察を呼んだ訳ですが,警察って大事なところは何も対応してくれない.我々『事故りました』証明発行します.的な処置であっとゆう間に退散してかれた.しやがった.説教もされた.で,結局お互いの過失状況とかから損害割合とか割り出すのは,損害保険会社やねんね.今回,Vespa君は修理に出さないので,こちらの任意保険は使わない.(こんなショボイので使いたくない)だから向こうの任意保険の会社アクサから連絡がかかってきた.(アクサって生保だけじゃなかったのね,ま,そりゃそうか)で,彼奴等は損害の割合は9:1だとゆう.けどおれVespaは修理せんし,当然あっちの修理費なんて払いたくないので,『修理せえへんし,払いません!』と言いました.言ってやったさ.したら,『また電話します』と.その後連絡は無く,今のところ無事終わりそう.さてさてどうなることやら.


Google
いつかの朝日新聞に掲載されてたけど,
Gmailってゆう無料メールを今夏,日本でも始めはった.MSNのHotmail同様WebMailで,PC自体にMailを保存するのではなく,MSNやGoogleに在るPCにMailが蓄積され,閲覧ソフト(主にInternetBrowser)を呼び出してMailを読む仕組み.従来のWebMailとGoogleのGmailの違う点は,
『一生分のMailを保存できる』とゆう,巨大な保存容量.そのお陰でMail形式で保存すればBriefCaseなどの情報倉庫としても役に立つ.aviファイル等の動画みたく一つの容量が大きくなると送れへんけど.また,Mail内の検索はGoogleの検索アルゴリズムを用いている(と思う)ので,大量の情報(Mail)を管理すればするほど検索が便利過ぎて魅力が増すと思う.一方Google側では,機械がMailの本文を分析するらしい.そして利用者がMailを読む時に内容に関連した広告が出現する.これがGoogleの収益(広告収入)になる みたい.確かにフランス計画を建てていた時や,内定者の懇親会等でGmailを使ったけど,MailBoxの上のほうに『海外旅行に行くなら・・・』『飲み会の幹事なら・・・』等の広告が頻繁に出現したのを思い出す. (しかも億劫にならない程度で)さらにGmailのシステムかしらんけど,Mailが蓄積されればされるほど,その度MailなどのDateが蓄積され,巨大になればなるほど,精密な広告の道具となっていく らしい.上のような海外旅行,懇親会,はたまた下らないMailでの対話が,個人の知らない所でGoogleに収益を生み出すのかと思うと,少し奇妙な気がします.とゆうか恐ろしい.人の集まるところにマーケットがあるので,利便性かつ無料を武器に一旦人を集める.mixiとかも同じやけど,Googleのはもっともっと上なような気がする.その内,利用者に還元すらするんじゃなかろうか?僕は少し古い人間なんかもしらんけど,とゆうかパパンママンの教育かもしらんけど,こういった実体の無いモノを扱った商売なり産業ってのは盛者必衰とまでは行かないまでもいずれ滅びると思う.ないし,昔起こったバブルのようになると思う.まー,そんなことをいいつつも実体の無い商品を売って,儲かっただのスッただのゆうような業種に就くかもしらんわけで.ま,そこに数学があればなんでもします.滅びたらはいそれまで,大人しくDash村でも作って田舎でひっそり暮らします.と,最後は良く解らんようになったけど,

 
 
 
 
 
 
 
明日は(も)京都観光.with東京のお嬢様と(´∀`*)ポッ 大学はサボります.
久しぶりの追記(研究室の皆様)
posted by Tom at 21:49| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

見てみて驚くな!!

えっと、本日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事故った・・・・ 

  (;゚Д゚)

posted by Tom at 20:11| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ほそぉぉぉぉぉいの。

スーツはシルエットが命!!

 
って事で、直しにいきました。細くしたった!!!そもそも、リクルートスーツしか持ってへんかったんで、普通ーーーな濃紺で2着目タダってゆうよなAOKIとかののスーツ。――――コレを改造しよう。ほんまは買ってもええかな?と思ってたんやけど、働いたら絶対カッコええって思うん変わるし、もっとええのがあるはず!!やから耐えてみた。今年度はAOKI(改)で乗り越えようと思います。さてさて出来上がりはどうなる事やら。初お披露目は12日。内定先の会社の就活セミナーで着るのだ!
 
 

宣伝:
多様な価値観と溢れる情報のなかで・・・
〜中略〜
・・・橋下弁護士と一緒に考えていきます。


書くんめんどいので詳しくはコチラ→https://dmypage.jp/mutb/seminar/work/index.html


そうそうあの橋下弁護士が来るねん!キャラ選び間違ってへんにゃろうか・・・ 信用が売り?やのにちょっと橋下さん胡散臭くない?とゆうことでお手伝い(冷やかし?)に行ってきます。就活するお暇な方どうぞ。

 
 
 
 
 
 
今日は、Malliavinのセミナ。Divergenceと確率積分の関係周辺。前々から思ってたんやけど、彼(Malliavn)やっぱし適当。なんてゆうか、どのくらいのClass(条件)で成り立つ、とか全く書いてへん。こうしてああしたら出来るっしょ?NiceなClassで。そこは自分で確かめて。(私の仕事じゃない)感がタップリ出ていたように感じる。いい演習問題っちゃそうなんやけど、あれで確率積分を学んだ確率論の修士って残念な気もする。日本には約2名ほど確認されてるが。それにしても、やっぱし、
 
 
 
 
 
 
・・・・酷い(;゚Д゚)
 
※来週いよいよ誤発注証券と青色信託のOBさんが来られてこの謎の本の集中セミナをされます。関係者各位、頑張ろう。そして飲もう。んでもって、おごってもらおう。
posted by Tom at 21:38| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

河合君は一番年下.

 戸籍上一番年下になるらしい.
 
 
ま,
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
認めへんけど(;゚Д゚)
 
 
 
 
そういえば今週の月曜日の新聞にこんな記事がありました.
 
 
今週の月曜日の新聞にこんな記事がありました.   (しんどいんですけど・・・・)
 
 
 


内定者から選抜し専門家養成、学費援助 住友信託
 
 住友信託銀行は、採用が内定した学生から約10人を選抜し、入社前から不動産鑑定士や年金数理人(アクチュアリー)などの資格取得を支援する制度を今月からスタートさせた。 (これはMUTBでもやってるぽい) 試験勉強に必要な予備校の学費をほぼ全額援助し、高額な専門書を購入する費用も負担する。意欲のある学生を内定直後からスペシャリストとして育成する狙い。学生も、内定したからといって浮かれてはいられない時代になったようだ。 (しんどいんですけど・・・・)
 10月1日に内定式を済ませた大卒の新入社員122人から、不動産分野に関心がある4人を面接で選抜。選抜された学生は入社直後の来春から始まる不動産鑑定士試験突破を目指し、予備校に通い始めた。 (しんどいんですけど・・・・)年金数理人を志す新入社員も11月中に3〜5人を選抜し、入社前から現役社員が資格取得に向けて講義する。数万円する専門書も銀行が買い与える。 (信託のアクへのプレッシャーって結構あると思う・・・・)
 選抜者は、入社後に不動産部門など専門部署に配属され、専門家として養成される。不動産鑑定士を目指す学生への負担は1人当たり約40万円という。同行は「信託銀行は業務が複雑化しており、専門家になってもらうため最大限サポートしたい」と話す。


 

 
 


ちなみに三井住友銀行もFPを受けさせるとかゆう記事がちょっと前にあったな.
そういや4回のとき夏に同期が受験してたわ...
おいおいおい,早いよー.

 
2462511.jpg


はやい、はやすぎるよ!(カイさん)

たぶん信託って異常に取る資格多いと思う.
証券外務員,それの保険版,宅建,FP,信託銀行員3級(やけ?),証券アナ,etc・・・
2年で3種類を目標らしい.

 
ちなみにうちの人事のO塚さんは,

『まようくらいなら受けるな!』
と.


ま,受けろ!と言われても(たとえお金が出ても)受けませんが・・・
こうゆうなんも,会社に因るんやろうなぁ.
のんびりしてる所はそんなに好きとちゃうけど,
こうゆう所はどこの会社よりも共感するね.

 
 
 
   
 
posted by Tom at 20:02| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

Grassmannnian.SatoSchoolのプチ仲間入??

本日は数理Finance公開セミナ.Solitonの方です.
今日はいよいよGrassmann多様体が姿を現しました.
初めてお目にかかったのは,『方程』.
立命館大学数学研究会が毎年(?)発刊している雑誌.
先生が顧問の年に書かれたらしい.
といっても○○○のやつをそのまま流用されたとかされてないとか.

 
 
えとGrassmannianとゆうのは,
 


N-dim VectorSPのm-dim SubSP全体の事で,
先生を始め参加者が知りたい事は,無限次元Grassmannian.

元のN-dim VectorSPを無限次元にしたらなんかもうそれって・・・
って感じなので,別の定義があるはず.

 先のほうを斜め読みしていると,
有限次元Grassmannianを特徴付ける量(関係式)があって,
もちろんその量(関係式)からGrassmannnianを復元(?)出来て,
それを素直に無限次元に拡張する.
ちなみにそれがPl\ddot{u}cker Coordinate.

 

みたいな話やと思う.間違ってたら御免なさい.
とゆうか戯言なので気にしないで下さい.

で,今日はその有限次元Grassmannianの定義と性質,
Pl\ddot{u}cker Coordinateとその関係式,
Pl\ddot{u}cker CoordinatからGrassmannianが決まる.
とゆうみたいな事をやりました.

 

ん?Solitonを始めKP層,KdV層とかの話はどこ?
\tau関数とGrassmannianとのからみは??


とゆう質問を最後にチロっとしてみました.
(これが全ての始まり??)
とゆうことで,

 
 
 
 
 
 
 
 
 
200611302243000.jpg


・・・・・借りました.とゆうか渡されました.
左から順に
 

@佐藤幹夫講義録(数理解析研究所レクチャーノート)
Aソリトン方程式と普遍グラスマン多様体(上智大学数学教室)
B現代数学の広がり2(岩波講座 現代数学の基礎)

※@はKsHARA先生 ABはKOYAMA先生から.
 
 
んー,とてつもなく有難いことなんですが.

さてさて・・・・
読めと・・・ おれに読めと・・・


さらにそんなABのKOYAMA先生から鬱Dayに


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 


『彼は修論かけそうなの??』

と.


 

  

  
 
posted by Tom at 23:23| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

星の王子様の贈り物.

今日久しぶりに王子様を見ました.
星の王子様はなかなか姿を現しません.
彼はXmasを素敵に過ごす為に
ひとつの計画を紙におこしていました.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
oujisama.jpg


 
日曜日は休息日(休日)のようです. 
17日,ダイナミックヘッジ.
Fight!
 
 
 
 
今日:数理Finance公開セミナー.
明日:数理Finance後悔セミナー.
 発見:どっかのチャンネルの量子確率論板に・・・

・・
 
 


65 :132人目の素数さん :2006/11/26(日) 18:23:56                 閉区間[0, 1]上のL^2関数のなすヒルベルト空間のsymmetric fock spaceとanti symmetric fock spaceには標準的な同型があるのですか? Mayerの本に主張だけある... 



 先生が発見しはったんやけど,おいおい,まじですかい?
とゆうか疑われたんですけどw おれチャンネル2見いひんし・・・

posted by Tom at 18:05| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

色々あった日.(教免申請がメイン)

1.教免申請 (コレがメイン)
 来年からどっかのマニアック銀行で働くぽい(マリッジブルー)ので,教員免許は必要ないんやけど,申請に踏み切った.その訳は日本国の胡散臭い首相が教育基本法改正をするとかぬかしやがるので,免許更新制になる前に取得がええんちゃう?と思.今回申請するのは以下の5種類.
注:この時期働くのが少し鬱になる事をマリッジブルーと呼ぶことにしよう.
 


@中学 数学 1種
A高校 数学 1種
B高校 情報 1種
C中学 数学 専修
D高校 数学 専修中学

 
 ここで早くも問題.@Cに関しては中学免許なので,介護等実習の証明書が必要です.僕が介護体験にいったのは2回生.そう,今から遡る事四年前.んー,そんなもんあるわけないよね.ね?ねー?失くしました.はい.お亡くなりになりました.教務センターの方本当に申し訳ないです.んで,理由書とゆう名前のついた始末書みたいなもん書かされた.中学免許に関しては出るかどうか不明ぽい.この時点でもう結構どうでも良くなる.


教員免許<めんどくさい


不等号は苦手やけど流石にここまで簡単な不等式くらいは良く解る.さらにこういうお役所を通す書類はキチとした書類なだけに,やっぱり

 

@滋賀県収入証紙が必要.
Aボールペン書き&間違えば訂正印.

 
が,要求されます.で,朝,滋賀銀行に収入証紙5枚(1枚3300円)を買いに行きました.この時点で昼前になる.大学に着くやいなや履歴書5枚を早急に書く.2回は間違えた.ここでうっとしい事実.
 

@収入証紙は5枚必要実際は3枚でよかった
A院生用のテンプレートが無い.→書き直し×4


※銀行も同じような世界で書き直しは基本的には駄目.焦りやすい性格なので,書き間違いなどは良くある.訂正印どころか判子を押すのが苦手.銀行で働けるのか?マリッジブルー.

 
 
2.どっかの社長さん来校.
直接関係無いけど何か緊張とかしてみたいやん?だから緊張してみた.結局見ることは無かった.どうやらうちの研究室はやくざな研究室らしい. 
 
3.AffineLie環周辺.なんせ木曜日ゼミ.もうどうしていいかわからん.来週きついわけですよ.みんな知ってる内容∧おれ知らない内容.これもうまた完全ピエロ化するからね・・・ やっぱりどうやらうちの研究室はやくざな研究室らしい.
 
 
4.それいけ!!2号 〜世界平和への道〜. (おまけ)
今まで結構出会った人間に異常に行動力があるやつがおった.人を500人集めるやつ.学生やのに企業を手玉に取ってる(ほんまかは不明)やつ.けど,女性では見たこと無かったなぁ・・・ きっと大物になるよ. 是非世界平和に貢献して下さい.
男なら,やってやれ!だ! (すごいよ.マサルさん.より)

一言:ライス国務長官とゆうよりはタマランチIOC会長(YAWARA!のオリンピック会長)って
かんじやけど.(意味不明)

 


5.ほんまのおまけ.収入証紙の領収書.

urisabaitay.jpg
 
これどない??
posted by Tom at 20:35| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

TAの飲み会.

毎年この時期になると平岡さんのTAの飲み会があります.
 かれこれもう回目.最早常連.
4回生の時からTAしてへんのに参加.
1回目,澤井君と三浦君がいて就活スタイルでした.
2回目,やはり澤井君三浦君がいて僕が就活スタイルでした.
その時はあまり就活での予定が無く当時の三浦君に
『もっと就活真面目にしないと駄目だよー』
と言われました.
 
んで,今回,
情報学科のM1の子らが一緒にきてはりました.
エバンゲリオンの話で盛り上がっていました.
 
 
 
 
 
・・・・・ 
〜中略〜
 
 
 
 
 

 

ginesu.jpg

2次会のギネス.

 
 
そういえば行きしなに京都駅の駅ビルによりました.
あたりはすっかりXmasモードで,イルミネーションが物凄かったです.
 
Xmas.jpg

 
あ,そうそう,先にお店に着いたんですが,
 
たかはし,ういちろう先生に遭遇.
え?人違い?そんなん間違えるわけないやん?
あの印象的なおかおw
それにしても何をしていたんでしょう?
posted by Tom at 18:58| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ネクタイひとつでこんなにちゃうのか。

天気が悪いと昨日の段階で気付く。金曜日に愛車Vespaの調子が少し悪くなった。音が異常にデカい。直管?と思わせるような品の無い高くてうるさい音がなる。以前もあった。どうやらマフラーの付け根が少し緩んでいるぽい。本当は今日も登校して頑張るつもりやったけど、Vespaの調子が悪いのと天気が悪いのダブルパンチで行かないことにした。午後から雨ってのが一番行く気が無くなる。そこで、久しぶりに京都に出かける事にした。最近京都で飲む事は多いけど、ぶらぶらすることはめっきり減った。そして12時くらい三条に着。今日は何故か色々な人に遭遇。みんな暇?なのか?タワレコで試聴しまくった後、KAWASAKI欲しかったけど我慢した。
kawasaki.jpg








んであるお店の兄ちゃんにネクタイについて色々教えて貰った。中学校高校とずっと学ランやったので、ネクタイをしめるのは余り得意でない。特にディンプル。(名前も今日教えて貰った。)
tie1pb.jpg


この作り方が解らん。極稀ーーに出来たことがあった。そこで、兄ちゃんにコツを教えて貰った。で、家に帰ってネットで調べつつ実践。上の写真の様にまではいかないものの、結構コツを掴んできた。





とあるネット情報まとめ。


◆ディンブルが結び目の中心に一つだけのタイプ。
アナウンサーなどはほとんどこのタイプ。一番よく見かけるのもこのタイプ。非常にスッキリしていて無難なので、ビジネスマンにはお勧め。多分写真のやつ。

◆ディンブルの無いタイプ
政治家に多く見受けらる。ディンブルの無い方がシンプルで飾り気が無く、フォーマルに感じるから。このタイプの主だった政治家は、英国のブレア首相・仏国のシラク大統領・韓国の盧武鉉大統領・中国の胡錦涛国家主席・ロシアのプーチン大統領などが挙げられる。国内でも小泉首相や安倍官房長官も同様。例外はブッシュ米国大統領で、基本的にディンブルを1つだけ作ります。それが真ん中ではなくどちらかに偏っていることが多いので、だらしなくて、いい加減な人という印象を持ちます。

◆中心がくぼむのではなくて突起したタイプ。
松井秀喜さんや松岡修造さんの結び方。突起した中心から左右にくぼみがあり両端が相手側を向いている。スポーツマンらしくて、とてもアグレッシブな印象を与える。
matui.jpg
これを目指そうと思う。先はマダマダ長そうです。


◆宮崎哲弥さんのやつ。
とてもエレガントな印象を与える。TVでも滅多に見かけることはありませんが、大阪のローカル番組(そこまで委員会??)に登場していた評論家の宮崎哲弥氏が、一度だけこの結び目になっていたらしい。やはり中心が突起していて左右がくぼんでおり、ネクタイの両端が相手側に向かっているのではなくて、もう一度内側に折り込んでいる。すると突起部分が中心と左右に2つあり、合計3つの山が出来るのですが左右の突起より中心の方が少し大きくなるように注意すれば、とても美しいディンプルが出来上がる。これだと断面図が「山」の文字のような形をしているので、「山形ディンプル」と命名する。ただ、この結び方は非常に難しく、なかなか上手く仕上がらない。
みやざきさん.jpg
にいちゃんもゆうてたけど、タモリがきっとコレやと思う。エレガントという言葉には惹かれる。






結び方にも色々TPO的なんがあるみたい。

政治家の方々では比較的ウィンザーノットを多く見かる。ネクタイの結び目で唯一左右対称になるのがこの結び方で、几帳面に見えるため政治家に最も向いている結び方。しかし、シングルノットやダブルノットの方も見かける。結び方の違いが顕著に現れていて面白かったのが6月の「日韓首脳会談」で、盧大統領はウィンザーノットで小泉首相はシングルノット。小泉首相の結び目は斜めになっていて若々しい印象を受けた。対照的に左右対称になっている盧大統領は誠実で大人びて見えた。フォーマルな場では落ち着いて見えるウィンザーノットがお勧めで、結び目が斜めになるシングルノットやダブルノットは若々しさをアピールするときに有効。



改めて整理すると




政治家・・・ディンプル無し
ビジネスマン・・・ディンプルは一つ
スポーツマン ・・・ディンプルは二つ


結び目は相手の目線に近いため注意が必要
ディンプルの位置がずれるとだらしないので注意が必要
ビジネスマンにはオーソドックスなディンプル1つが一般的
政治家にはフォーマルな印象を与えるディンプル無し
スポーツマンはアグレッシブな印象のディンプル2つ
フォーマルな結び方はウィンザーノット
アグレッシブな結び方はシングルノット



これから芸能人とか結構おしゃれやし、TVを見るときにちょっと違うところに目がいくと思う。ちなみに今日のジャンクスポーツはまちゃんはディンブルは無かった。隣の金子賢の代わりに入ったやつ(誰ヤッケ??)は深ーーーいのが一つ入っていた。で、最後にちょっと自分でもやってみた。
200611261925000.jpg



微妙ーー(;゚Д゚)


来月は会社に呼ばれる事が多いのでスーツを着る機会も自然に増える。ディンブル実践あるのみ。さり気無ぁく窪みが出来てると思うので、わしのスーツ姿を見る機会があれば太い首元に注目してくだせー。
posted by Tom at 20:02| 滋賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

77円かそれとも99円なのか?

いつかのYahoo!!Financeを見ていると以下のような記事を発見。

レジで小銭をスムーズに支払う方法


混雑しているコンビニのレジで会計する際、後ろに並ぶ人に配慮して処理時間を短くするのは1つのマナーといっていい。
〜中略〜
レジでの会計の際、小銭をなるべくスムーズに支払うにはどうすればよいか――。最も望ましいのは釣銭が要らないよう、ピッタリの額を前もって準備しておくことだが、陳列棚からピックアップしたばかりの商品の合計額を瞬時に計算して小銭を用意するのは、消費税が内税方式になった現在でも容易ではない。となると、なるべく小銭の出し入れを少なくする最大公約数的な額をみつけ、レジに並んで待っている間にその額を用意して手に握っておくことが、会計を素早く終わらせるテクニックということになる。
では、その額とはいったいいくらか?




1.77円(50円玉×1、10円玉×2、5円玉、1円玉×2)
これがどんな額が出てきてもサイフとの小銭の出し入れの手数を最小化できる、最良の組み合わせ。具体的に例を挙げれば、
・支払額の端数が99円だった場合
手元に「77円」があれば、サイフから10円玉2枚と1円玉2枚を追加することになる。4枚の小銭を追加するので、手数は「4」である。もし端数が23円だった場合は、手持ちの中から50円玉1枚と5円玉1枚をサイフに戻し、1円玉1枚を追加するので手数は「3」となる。
・下2ケタの端数がなかった場合
つまり00円だと全てをサイフに戻すわけだが、この場合は小銭を選別しなくて済むので、手数は「1」で済む。
st_ko01.jpg

こうしてあらゆる組み合わせをシミュレーションしていくと、00〜99円の中でいちばん小銭の出し入れが少なくて済む組み合わせが「77円」なのである。もちろんサイフの中に予め十分な小銭が用意されていること、さらに00〜99円がサイフに残っているという状況が等しい確率で出現する場合に限る。



こんな記事を見てネットサーフィンをしていると、また別の意見にも遭遇。すこし面白かったのでさらにまとめてみた。



2.そんなこといわずに99円(50円玉、10円玉×4、5円玉、1円玉×4)
手元←→サイフの小銭の出し入れを「手数」としてスコア付けし、手間の最適化をシミュレーションしている。しかし、手元→サイフのコスト(労力)とサイフ→手元のコストが同一視する暗黙の前提がおかしい。
・手元→サイフ
手元の小銭から不要な分をサイフに戻すのは、選別の手間も少なく、また必ずしもサイフに戻す必要すらない。(手に持ったまま、払わなければ良いのだ)
・サイフ→手元
サイフから必要な額の小銭を取り出すには、混沌としたサイフの中から、必要なコインを選別して取り出す必要。


つまり、 「手元→サイフ」の労力の方が圧倒的に少ない。したがって小銭(100円未満のコイン)を慌ててサイフから取り出す回数を最小化させることが、レジ前での全体最適化につながる。こういったた立場に立つと、事前に用意しておくべき小銭は、そりゃ99円である。


こういった発想の転換(?)みたいな話をよく耳にする。特にファイナンス。青沼さんのクレデリを使ったMA戦略の余談やったり、大ナントカさんの住宅ローンの固定金利の問題やったりと。えっと、1の回答の『77円』は数学的にはきっと面白いんやと思う。(答えが合ってるかどうかは依然不明やけど。)何かとある問題が出来ました。しかもちょっと数学ぽい問題。こん時にその問題を真っ直ぐに解くってのも良いんやけど、問題自体を少し変える(見方自体を変える?)事でもっと簡単に(良いかどうかは解らんけど)スマートに適応した答えが出せるやと思う。ほんでそうゆう時ってプチ感動を覚えるし、そうゆう事が出来る人ってプチ尊敬する。生意気ゆうようやけど、仕事をする上で両方出来る様な人に成れたらええなぁ。と少し思った。


さらにさらにネットサーフィンをしてるとこんなものも発見。やってみると意外にはまる。おひまならどうぞ。
実際に買い物をしないでお釣りを出すGame。





********************************************************************************************

さて、本日はWilliamsのゼミ。思わぬ観客が来る。内容は5章の積分と6章の期待値。重さを加えての積分を定義して、Radon−Nikodymの定理(ラドニコフ!!!) への導入。アクチュアリー試験一ヶ月前にも関わらず必死に予習をしてくれたのか、5時間40分の長丁場。正直、今までこんな長い時間したことない。(もちろん見るのも初めて。)お疲れ様でした。

posted by Tom at 21:31| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

代数表現論セミナー.

最近真面目にBlogを更新中.おかげでmixi日記は放置が続く.毎日書くと決めて早3年.自分がこんなにマメやとは思わんかった.真面目に書いてるとコメントくれる人が増えた!まだまだ見っぱなしの方は多いみたいやけど.とゆうことで心当たりあるやつコメント( ゚д゚)クレコメントいっぱい溜まったら,


どっかの銀行みたいに利益還元しますよ!



さてさて,日記ですが,今回も数学ですが? (゚Д゚ )ナニカ? 



本日はタイトル通り,

代数表現論セミナー


でした.


加川先生でした.先生の授業ないし講演を聞くのは3回生以来.やはり他分野(限らんけど余計に.)解らんかった.物凄いデカい数字(Ex.438480)が出てきた.また研究の過程(?)を少し話してはったけど,凄まじい場合の数を手計算でされはったみたいです.400通りやけ?んー,それを聞くと先生に言われた場合のやつは,出来ひん!!って結論を出すのは時間的にも手数的にも早い.なんかモチベーションが少し上がった.
ところで,講演の最中節々に研一の研は石井に見える.などの加川節が出るも笑えるのに誰も笑わない.なんなんだ?この空気は?んで,講演後やはり懇親会.今回は赤堀先生が出張でいはらないのと,メンバー的に畏まっていた(?)ので,研究室にて待機.
因みに次回は
世界No.2のDoi先生です.

けど12月20日やって・・・ 
就活のセミナーや・・・ なんか色々損をしたな.... 
やる事
・KnockOutOptionのStaticHedge. (strategy?)
・有限個の危険資産でStaticHegdeした時のerrorの評価.
・Soliton関連.(Grassmannian周辺)

・Finate-dimのFermionの表現.Hilbert-Schmitt Operatorから上手いことやる.


4つ目追加.何か新しい事に目移りする傾向があるような気がする.飽きっぽいんかなぁ?それにしても,上手いことやるっていってもな・・・ どないしょう.先生が土日月といはらへんので,宿題を出された感が漂う.んー,土日は特に何も無いし((つд⊂)エーン),天気も悪い見たいやし,上手いことやるかぁw



**********************************


mixiのMixUPたまらんね.お世話になっております.

なによりも無料.これ著作権とか大丈夫なんやろうか?

ちゅうか・・・



やっと手に入れた.EMMA13.遅っ.
本日からヘビロテ開始.


emmahouse13.jpg


ミーハーなので,Fadeまでのあげあげあっぱーな感じがたまらん.帰りのバイク中とか結構危険Death.絶版になった昔のやつも手に入れたいっっ!!持ってて4・・・ さらにどうでもええけど,EMMAさん東京でイベントし過ぎ.Yellow ageHa多すぎちゃう?来年東京の際は月イチでお邪魔したいと思いまする.Daishiと森田さんの時にお邪魔します.そうゆうなんは少し楽しみやったりする.
以上たわごとでした.

posted by Tom at 19:33| 滋賀 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

数理Finance公開セミナー。本日は2本伊達。

昨日は結局朝まで同期と飲んでた。我が家に宿泊してたんやけど、朝からプログラミング演習のTAがあったので、家に置き去りで登校。気まずかったかなぁ?

そんな中、本日は数理Finance公開セミナー×2
そう2本立て。三輪神保伊達

詳しくはコチラ。ClickHERE!! 1本目はM1の数理Financeの論文を読むーー!ってやつ。今回はRiskMeasureの話とHazardRateの話。(やったと思う。)

2本目は久しぶりのSolitonゼミ。数理Finance公開セミナーとゆうのに参加者ちょっと厳しいよ。しょっぱいよー。苦いよー(つд⊂)エーン はっきりゆうて、これもう最近僕の手から離れていってます。解き放てー!!!何が何だかよく解らんよ。参加者のKs先生のコメントもやはり・・・
18 時から夜の院生自主セミナ。今日はかなり難しい話で良く分からなかった。話している方も良く分からなかった模様。

・・・・ばれてるっっΣ(゚口゚;)//

回を重ねる毎に解らなくなる。そしてその都度セミナー自体のやり方が解らなくなる。毎回終わってからは考えさせられる事が多いです。しどろもどろしまくってる。どうやら巷では数理Finance後悔セミナーと呼ばれているとかいないとか。さてさて僕は卒業出来るのでしょうかねぇ?




posted by Tom at 22:57| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
完全内輪ネタ(*_ _)人ゴメンナサイ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。